イベントなどへの出演について

「スミリール」は、インドネシアのジャワ島の音楽や舞踊を中心に活動しているグループです。「スミリール」というのはジャワ語で「そよ風」という意味です。グループの主宰はインドネシア人のスミヤント(Sumiyanto)。ジャワの伝統楽器ガムランの演奏者。また、ガムランを使った作曲も行います。

ジャワの楽器ガムランによる演奏や影絵芝居、ジャワ伝統舞踊などレパートリーはさまざまです。フェスティバルへの参加や、ライブ活動を行っています。

2018年と2019年には東京国立博物館表慶館にて、2022年には武蔵野スイングホールにて影絵芝居公演を行いました。2023年に公開された映画『岸部露伴ルーブルへ行く』の音楽録音にガムラン演奏で参加しました。

イベントでの出演依頼受け付けています。スミリールでは、さまざまなイベントに対応しています。

  • 国際交流イベント
  • 小学校や中学校でのインドネシア文化の紹介
  • 地域のフェスティバルでの出演
  • カフェ・レストランなどでのイベント

予算や規模に応じて柔軟に対応しますので、是非お気軽にお問い合わせください。

担当:根津亜矢子

e-mail: gong.sumilir@gmail.com

20180912_154324tohaku_wayang_20221031212101

 

| | | コメント (0)

2023年10月28日 (土)

2024/1/14(日)世界音楽への招待@カルッツかわさき

世界音楽への招待 from音楽の街かわさき ~川崎から旅立つ、世界音楽紀行

世界の魅力的な音楽文化に触れるシリーズ、第一弾は豪華三本立て!

癒しと瞑想の響き、インドネシアのジャワ・ガムラン。
情念と哀切が怪しく交錯する、魅惑のアラブ=インド音楽。
大自然の恵みを素朴に力強く歌い上げる、南米のフォルクローレ。
貴重な楽器を用いた一流の演奏と共に、煌びやかな舞踊や影絵が繰り広げられます。
エキゾチックな世界の音楽と、川崎ゆかりの坂本九の名曲のコラボレーションも必聴!

【出演】

・TAKI(エクアドル・フォルクローレ)+ Sol y Luna
アンデス音楽のエッセンス、繊細さや崇高さを楽器や歌を通して表現する。ネイティブエクアドル人グル-プによる圧巻のアンサンブル。
 ルイス・マイグア(ギター、チャランゴ)
 アントニオ・マルドナド(ケーナ、サンポーニャ)
 ウンベルト・ピチャンバ(チャランゴ、ロンダドール)
 ハイメ・グラマル(ギター、ベース、パーカッション)
 Sol y Luna(南米伝統舞踊)

・アラビンディア(アラブ=インド音楽)+ Suran
常味裕司、太田惠資、吉見征樹の凄腕3人が奏でるアラブ=インドの変幻自在な即興音楽に、Suranのベリーダンスが華を添える!
 常味裕司(ウード)
 太田惠資(ヴァイオリン)
 吉見征樹(タブラ)
 Suran(ベリーダンス)

・スミリール(ジャワ・ガムラン)
ジャワ・ガムランの複雑に絡み合う大編成打楽器アンサンブル。豊潤な響きが、伝統的な影絵芝居と舞踊と共に奏でられる。
 スミヤント(ガムラン演奏、人形遣い)
 根津亜矢子(ジャワ舞踊)
 池上牧甫、小谷竜一、折田美木、木村佳代、小島冴月、後藤弓寿、さとうじゅんこ、樋口なみ、牧野明子、山科勝司(ガムラン演奏)

※事情により出演者が変更となる場合がございます。

日時:2024年01月14日(日)開場/15:30 開演/16:30

会場:カルッツかわさき ホール(神奈川県川崎市)
最寄駅:JR川崎駅、京急川崎駅より徒歩20分(途中歩道橋がありますが、エレベーターがあります)

アクセスマップ

チケット料金:【全席指定・税込】一般/3,000円/友の会会員/2,400円/U-18割引/1,000円(要学生証・身分証明書提示)

※未就学児入場不可

【プロフィール】

TAKI(エクアドル・フォルクローレ)
TAKI(タキ)とはキチュア語で「歌」または「旋律」という意味。プロジェクトTAKI(タキ)は、アンデス音楽のエッセンス、繊細さや崇高さを楽器や歌を通して表現するために、世界的にも幅広い経験と実績を持つ3人のネイティブエクアドルのミュージシャンによって結成されました。『TAKI』は、アンデス民族楽器の音の響きや自然な音作りを最も大切にしていこうとする新しいアンサンブルです。間違いなくより本物のカタチとして聴衆の心を魅了するでしょう。

アラビンディア(アラブ=インド音楽)
文字通りアラブとインドが合体したユニット名。90年代半ば、ユニットの要アラブの弦楽器ウードの常味裕司、どんな音楽も彼の個性に染めてしまうヴァイオリンの太田恵資、メロディに自在に絡みつくインドのタブラを操る吉見征樹、の三人で結成されたオリエンタル(アラブ〜インド)ユニット。三人の強烈な個性とそのサウンドは、即興性を前面に打ち出しながらも、ポップな色彩と伝統音楽の持つ確かな音楽性を合わせ持っている。90年代後半、ピアノの佐藤允彦氏+アラビンディア(STOY)、2000年代初頭 宇崎竜童氏+アラビンディア で活動も展開。

スミリール(ジャワ・ガムラン)
インドネシアのジャワ島の音楽や舞踊を中心に活動しているグループです。グループの主宰はインドネシア人のスミヤント (Sumiyanto)。ジャワの伝統楽器ガムランの演奏者・影絵芝居人形遣い。また、ガムランを使った作曲も行います。
ジャワの楽器ガムランによる演奏や影絵芝居、ジャワ伝統舞踊などレパートリーはさまざまです。最近では、東京国立博物館(2018年、2019年)、武蔵野スイングホール(2022年)などで影絵芝居公演を行いました。その他、国際交流イベントへの参加や、ライブ活動を行っています。

0114photo


主催:カルッツかわさき
後援:川崎市教育委員会、川崎市文化財団
お問合せ:カルッツかわさき 044-222-5223(9:00~21:30※休館日を除く)

 

チケット発売情報

■カルッツかわさきチケットセンター (10:00~18:00※休館日を除く) 044-222-5223 インターネット予約
■e+(イープラス) http://eplus.jp/ (9/30 10:00~)

「カルッツかわさき・友の会」のご案内

| | | コメント (0)

2023年10月25日 (水)

10/25「岸辺露伴は動かない/岸辺露伴 ルーヴルへ行く」オリジナル・サウンドトラック【完全生産限定版】

「岸辺露伴は動かない/岸辺露伴 ルーヴルへ行く」オリジナル・サウンドトラック【完全生産限定版】

CDが発売になりました。とてもスタイリッシュなパッケージです。最近はサブスクで音楽は聞くからCDは不要という風潮がありますが、こんな素敵なCDパッケージだとやはりワクワクして、欲しくなります。

菊地成孔さん、長唄、三味線、ガムランのセッションは2枚目の「15 都鳥」に収録されています。映画では一部が使われていましたが、こちらは、録音した際のものがほぼそのまま収録され聞くことができます。

収録内容は、ドラマと映画から未使用楽曲含めた全曲を網羅。弦楽器による不協和音やノイジーなサウンドを始め、『岸辺露伴』の音世界を象徴する楽曲を余すことなく収録。ドラマ・第7話「ホットサマー・マーサ」のエンディングで流れた古川琴音によるハミング曲も完全版として収録し、映画の長唄と三味線、ガムラン、アナログシンセによるセッションレコーディング版(約15分)も収録。そして、ボーカロイドを用いた印象的なメインテーマ「大空位時代」はドラマ版と映画版の両方を収めた、2枚組・総時間155分という豪華コンプリート盤となっています。

細部までこだわった仕様は、黒箔を使用した三方背BOX、ヘブンズ・ドアー型ブックレット に掲載された菊地成孔の約4000字に及ぶライナーノーツ、そしてドラマ・映画共に未公開写真を含む24ページのフォトブックを同封。

音楽:
菊地成孔
新音楽制作工房:田島浩一郎、高橋大地、djapon(ぢゃぽん)、薬袋正宗、Satō、佐々木 語、
大野 格、OGAWA SEIJI、委細昌嗣、丹羽武史

仕様:
黒箔を使用した三方背BOX、ヘブンズ・ドアー型ブックレット
ドラマ・映画共に未公開写真を含む24ページのフォトブック

ブックレット内容:
菊地成孔の約4000字に及ぶライナーノーツ

 

詳細はこちら

Kishibecdphoto

 

| | | コメント (0)

2023年8月28日 (月)

9/29 多文化共生インターナショナルダンス フェスティバル at カルッツ川崎

International Dance Festival 2023

KIDA [Kawasaki International Dance Action] は、「多文化共生」の視点から、ダンス文化・食・コミュニティ・交流をキーワードに、川崎市において活動しているグループです。川崎市は、全国に先駆けて外国人代表者会議を発足、市政に外国人の意見を反映するなど、多様な文化を受け入れる土壌があります。この地で「多文化共生」を文化的な側面からの活動を持って進めたいと考えています。

この度、来たる9月29日(金)カルッツかわさきホールにて、「インターナショナルダンスフェスティバル」が開催されます。スミリールは、生ガムラン演奏で、ジャワ舞踊を披露するほか、影絵芝居『ビモの羊膜』も演じます。

ジャワガムラン以外に、ブルガリアの音楽・舞踊、ベリーダンス、日本舞踊、ボリビアの音楽・舞踊、フラダンス、アゼルバイジャン伝統舞踊と普段なかなか目にすることのできない舞踊や音楽に出会うことができます。是非ご来場ください。

日時:2023年9月29日(金)
会場:カルッツ川崎大ホール
アクセス:JR「川崎駅(北口東)」京急「京急川崎駅」より徒歩約15分(※市役所通りをまっすぐお進みください。)
カルッツ川崎HPでのアクセス説明
開場:ロビー 16:00 (インドネシア料理の販売があります)
   ステージ 17:30
開演:18:00(開演前からジャワガムラン演奏があります)

●プログラム

🔸ジャワのガムラン音楽、舞踊、影絵芝居ワヤン「スミリール」(スミヤント、根津亜矢子、さとうじゅんこ他ガムラン奏者13名)
🔸ボリビアフォルクローレ「グルッポ・レナセール」(クラウディア・アンドレア、菱本幸二、柳和男、Ilse Lara) 
🔸日本舞踊「花柳流 扇乃会」(花柳右学、花柳右寿光)
🔸フラ&タヒチアン「Hula Halau o Kealohiフラハーラウオケアロヒ」
🔸ベリーダンス「Studio Yasmin」
🔸アゼルバイジャン民族舞踊(Dilaraディララ)
🔸ブルガリア民謡とダンス(佐藤みゆき、大野慎矢、Szabi)


入場料:大人 2,800円
    中高生 1,000円
    小学生 500円

主催:KIDA カワサキ・インターナショナル・ダンスアクション
チケット御予約・お問合せ:info.kida2023@gmail.com
後援:川崎市(申請中)
協力:THE アート・プロジェクト多文化読み聞かせ隊/ノリコバレエアート

Photo_20230828235001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0929internationaldance2

| | | コメント (0)

9/12 菊地成孔 at I'M A SHOW

2023年に公開された映画『岸辺露伴ルーブルへ行く』の録音に参加したことから、有楽町でライブをやることになりこちらにも参加します。

出演するのは、菊地成孔さん、長唄が東音海津紫乃さん、三味線が東音河野文さん、そしてガムランがスミリールです。

映画では回想シーンの際にこの不思議なミックスされた音楽が流れていました。また、どんな音楽が生まれるのか楽しみです。

intoxicate主催〈EVENT 0433〉第2弾は菊地成孔のライブ ドラマ&映画「岸辺露伴」サントラ用アンサンブルで新たなサウンドを披露

intoxicate presents “EVENT 0433” #02
「Naruyoshi Kikuchi presents smooth alternative 01 <cinematic ensemble=長唄&三味線/GAMELAN/electro>」

Img_f5295092ddc8a8429fe347617fc6ff3e4023

日時:2023年9月12日(火)

開場/開演:18:00開場/19:00開演 

会場:東京・有楽町 I’M A SHOW(アイマショウ)
(東京都千代田区有楽町2丁目5番地1号有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館7F

出演:菊地成孔/東音海津紫乃/東音河野文/スミリール(ジャワガムラン) 他

前売り:5,800円/当日:6,300円(全席指定・税込・別途1ドリンク代)

未就学児児童入場不可(小学生以上はチケットが必要)

チケット購入はeplusより、お願いいたします。

お問い合わせ

サンライズプロモーション東京(Tel: 0570-00-3337)(平日12:00-15:00)

【出演者プロフィール】

菊地成孔[きくち・なるよし]
音楽家/文筆家/音楽講師 ジャズメンとして活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、ジャンル横断的な音楽/著述活動を旺盛に展開し、ラジオ/テレビ番組でのナビゲーター、選曲家、批評家、ファッションブランドとのコラボレーター、映画/テレビの音楽監督、プロデューサー、パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。5月26日(金)公開、『岸辺露伴ルーヴルへ行く』の音楽を自らの生徒と共に立ち上げた「新音楽制作工房」と共に担当。

東音海津紫乃[とうおん・かいづしの]
長唄を東音渡邉雅宏師、四世松島庄十郎師、三味線を杵屋五七郎師の各師に師事。
東京藝術大学音楽学部邦楽科別科修了。長唄東音会同人。長唄協会会員。
東音会定期演奏会、その他演奏会、日本舞踊公演等に出演。
長唄「碧の会」「咲くや会」同人。「紫おん会」主宰。

東音河野文[とうおん・こうのあや]
長唄東音会三味線方
東京藝術大学音楽楽部邦楽科卒業、杵屋三澄に師事
中野区社会教育団体中野区邦楽連盟 理事長
フェリス女学院大学 非常勤講師
長唄協会会員
6歳6月6日より長唄をはじめる。新作舞踊公演、ニコニコ超会議「超歌舞伎」 の録音に参加

スミリール(ジャワガムラン)
インドネシアのジャワ島の音楽・影絵芝居や舞踊を中心に活動しているグループ。グループの主宰はインドネシアのジャワ島出身のスミヤント(Sumiyanto)。ジャワの伝統楽器ガムランの演奏者/影絵芝居人形遣い。また、ガムランを使った作曲も行う。2018年と2019年には東京国立博物館表慶館にて、2022年には武蔵野スイングホールにて影絵芝居公演を行う。映画『岸辺露伴ルーヴルへ行く』の音楽録音にガムラン演奏で参加。

EVENT 0433とは
タワーレコードのフリーマガジン「intoxicate」が、2022年12月、有楽町に誕生した新シアター〈I’M A SHOW(アイマショウ)〉をプラットフォームに企画するシン・イヴェント〈0433〉。タイトルは背景のアンビエント・サウンドを全景化する、ジョン・ケージのサイレントピースから拝借する。今後は和テイストの〈イヴェント・四三三〉なども予定している。第1回は、2022年12月13日に、渡邊琢磨アンサンブルにゲストヴォーカルとして三浦透子を迎えて開催した。

Eventkikuchi

| | | コメント (0)

2023年8月27日 (日)

8/27世界初演の新作の歌詞のお手伝い

作曲家の小出稚子さんの新作『Legit Memories(組曲 甘い記憶)』(2023)[世界初演]のジャワ語の歌詞について、スミヤントが協力しました。

8月27日サントリーホールにて、世界初演がされました。

いつもスミリールとして、一緒に活動してくださっている さとうじゅんこさんの歌声が素晴らしかったです。

『Legit Memories(組曲 甘い記憶)』(2023)[世界初演]プログラム・ノート

Sf2023_miwa_cal_05

 

| | | コメント (0)

2023年7月30日 (日)

活動実績と今後の予定 スミリール編

いろいろなところで開催されるインターナショナル・フェスティバルなどを中心に活動しています。

通常毎年4月には川崎駅前での音楽のまち川崎の交流ステージ、7月には川崎インターナショナルフェスティバルなどに参加しています。

<公演実績と公演予定>

2024年

1月14日(日)カルッツ川崎 世界音楽への招待 from 音楽の街かわさき(チケット発売中)

 

2023年

10月20日(金)第22回フェスティばるーん(港区立生涯学習センター設立25年感謝祭)参加(港区新橋)

9月29日(金)カルッツ川崎 多文化共生インターナショナルダンスフェスティバル

9月12日(火)intoxicate presents EVENT 0433#2 菊池成孔 at I'M A SHOW

7月29日(土)町田ゼルビア サッカー試合前イベント 舞踊出演

7月 川崎市インターナショナル・フェスティバルにて影絵芝居とジャワ舞踊

4月 川崎アジア交流音楽祭にてジャワ舞踊と音楽で出演

1月29日 にこぷら新地にて影絵芝居

2022年

9月24日 武蔵のスイングホールにて影絵芝居

9月23日 三菱アジア子ども絵日記フェスタレセプションにて影絵芝居

4月24日 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ出演

2021年
1月24日(日) あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)にて影絵芝居『ビモの羊膜』(中止)動画収録


2019年
9月20日(金)&21日(土)東京国立博物館にて影絵芝居(演目:ノロヨノの結婚)

7月7日(日) インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)で影絵芝居と舞踊(影絵:鉄人の誕生/ジャワ舞踊:ガンビヨン・パンクール)
5月19日(日) あーすフェスタ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)にて影絵芝居
4月13日(土)音楽のまち川崎(アトレ)(ジャワ舞踊:ゴレ・レトノ・クスモ、ゴレ・スルンダユン、ゴレ・スリルジュキ)

2018年
9月12日(水)&14日(金)東京国立博物館にて影絵芝居(影絵:ビモの羊膜)

9月8日(土) 大船ゆめ観音アジアフェスティバル(ジャワ舞踊:ゴレッ・スルンダユン
メナコンチャル )
8月18日(土) 横浜人形の家 影絵とジャワ舞踊(影絵:ビモの羊膜/ジャワ舞踊:ガンビヨン・パンクール)
7月8日(日) インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
5月20日(日) あーすフェスタ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)にて
影絵芝居
4月22日(日)音楽のまち川崎(アトレ)(ジャワ舞踊:モンドロリニ/シテル演奏)
3月25日(日) カフェイズミ「スプリングフェスタ」で影絵芝居

2017年
9月27日(水)ジャワのうたと影絵芝居(横浜市 鶴ヶ峰)

9月9日(土)港区プラザ神明フェスティバル(影絵芝居と舞踊)
7月2日(日) インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
 
5月21日(日) あーすフェスタ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)にて
影絵芝居
4月22日(土) 音楽のまち川崎(アトレ)(ジャワ舞踊:ボンダン、レトノ・ティナンディン) 
3月26日(日) スプリングフェスタ@にこぷら新地にて影絵芝居
3月19日(日) 羽田フェア(羽田空港国際線ターミナル)にて舞踊と音楽

2016年
12月17日(土) カフェイズミ「インドネシアなクリスマス」(影絵芝居と舞踊)
9月29日(木) 「はじめましてジベカです」(東京都小金井市)
9月16日(金) アジア海域ダンスプログラム(音楽)
9月9日(土)港区プラザ神明フェスティバル(影絵芝居)
9月10日(土)大船ゆめ観音アジアフェスティバル in 大船(舞踊:ゴレ・スルンダユン、ガンビール・アノム)
8月21日(日) がやがやライブ@光が丘(音楽と影絵芝居)
7月10日(日) 駒込大観音 ほおずき千成り市(音楽)
7月3日(日) 川崎市インターナショナルフェスティバル(影絵芝居「ビモの羊膜」と舞踊「ボンダン」)
5月17日(日) あーすフェスタかながわ(影絵芝居)
4月24日(日) 音楽のまち・かわさき(舞踊:ボンダン&ガンビヨンPKJT)
3月21日(月) 子どもの本の日フェスティバル@大崎ゲートシティ(影絵芝居と舞踊)

2015年
11月1日(日) NHKラジオ「音楽遊覧飛行ワールドワイド」公開収録(11月23日放送)
10月31日(日) 多文化フェスタさいわい(川崎市幸区、幸市民館)(舞踊:タンディンガン・アルス)
9月12日(土) 大船夢観音(舞踊:タンディンガン・アルス)
8月22日(土) 地球環境映像祭in横浜(影絵芝居)
7月5日(日) 川崎市インターナショナルフェスティバル(舞踊「マンゴロレトノ」、影絵芝居「ビモの羊膜」)
5月17日(日) あーすフェスタかながわ(影絵芝居)
4月25日(土) 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ(舞踊とガムラン演奏)

2014年
7月12日(土) ガムランワークショップ(鶴見文化センター)
7月6日(日) インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)  影絵芝居「シンデレラ」

5月18日(日) あーすフェスタ(神奈川県立地球市民かながわプラザ) 影絵芝居「シンデレラ」
4月13日(日) 音楽のまち川崎(アトレ)(ジャワ舞踊:ラントヨ、ゴレッ・マニス) 
1月1日(水) NHKラジオ生出演(新春特番)

2013年
9月22日(日) アジアンオールドバザール(那須高原)でのライブ
7月7日(日) インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
6月30日(日) NHKラジオ生出演(NHKラジオ第1 ちきゅうラジオ「ミュージックパスポート」
5月12日(日) あーすふぇすた(神奈川県立地球市民かながわプラザ)
        ジャワ舞踊
4月20日(土) 音楽のまち川崎(ミューザ川崎)
              音楽とジャワ舞踊
3月20日(水) こどもの絵本の日フェスティバル(大崎ゲートシティ)
        影絵芝居「きゅうり太郎」
3月2日(土) あさおインターナショナルフェスタ(神奈川県川崎市麻生区)
                    影絵芝居「きゅうり太郎」

2012年
11月17日(土) キャンドルナイト@あーすぷらざ(神奈川県横浜市栄区)
10月20日(土) 多文化フェスタみぞのくち(川崎市高津区民センター)
9月8日(土) 第14回ゆめ観音アジアフェスティバル(大船ゆめ観音) 写真はこちら
8月11日(土) フクモリカフェ夏祭り(神田フクモリカフェ)
7月1日(日) インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
4月15日(日) 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ(アゼリア)
2月4日(土) MIFA国際交流フェスティバル(目黒パーシモンホール)

2011年
9月10日(土) 第13回ゆめ観音アジアフェスティバル(大船ゆめ観音
7月3日(日) インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
6月24日(金) 愛知県扶桑町立扶桑中学校 ガムラン公演(楽器演奏・舞踊・影絵芝居)
6月18日(土) キャンドルナイトライブ@アサンテサーナ
4月 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ(震災後の影響のため中止)

2010年
10月31日 かわさき市民祭り(台風の影響のため中止)
9月5日 魅惑のアジア紀行~スミリール〜インドネシア・ジャワの音楽と踊り Sumilir(川崎市国際交流センター ホール)
7月 インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
4月 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ(アゼリア)
2月 MIFA国際交流フェスティバル(目黒パーシモンホール)

2009年
9月 第11回ゆめ観音アジアフェスティバル(大船ゆめ観音)
8月 夏の納涼会(フローレンスケア荻窪老人ホーム)
7月 インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
4月 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ (アゼリア)

2008年
9月 第10回大船ゆめ観音フェスティバル(大船ゆめ観音)
8月1日 ジャワ舞踊を体験してみよう (埼玉県八潮メセナ)
7月 インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
4月 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ (ルフロン)

2007年
7月14日 川崎市国際交流センターロビーコンサート「ジャワ音楽と影絵そしてコロンビア音楽の夕べ」
7月 インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
3月18日 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ(ラチッタデッラ)

2006年
11月4日 大倉山記念館「秋の芸術祭」(横浜市大倉山記念館)
8月 商店街夏祭り(祐天寺)
7月 インターナショナルフェスティバル(川崎市国際交流センター)
3月17日 太古の音とひとあし先の夢をつなぐ現実の音ライブ(ライブハウス凛 乃木会館)

| |

2023年6月27日 (火)

7/9 2023インターナショナル・フェスティバル in カワサキ

コロナの前には毎年参加させていただいていたインターナショナル・フェスティバル in カワサキが4年ぶりに開催されます。

開催場所の川崎市国際交流センターは、スミヤントが日本に来た当初に日本語の授業などでお世話になった思い出の場所です。

影絵芝居と踊りを披露します。

日時:2023年7月9日(日)11時~12時

(イベント自体は、10:00〜16:30)

場所:川崎市国際交流センター

川崎市国際交流センターまでのご案内

最寄駅:東急東横線元住吉駅(徒歩15分)

会場:地下1階交流サロン

演目:「ビモの羊膜」

201809-tohaku-wayang-shadowimg_0045 

International-festival2023


| | | コメント (0)

2023年5月 6日 (土)

5/26公開 映画『岸部露伴ルーブルへ行く』音楽協力

今回縁あって5/26に公開される、高橋一生主演の映画『岸部露伴ルーブルへ行く』のあるシーンにおいて、ガムラン音楽を提供しました。ジャワガムラン部分は、スミヤントが作曲しました。映画の音楽担当は菊地成孔さん/新音楽制作工房。知る人ぞ知るという方らしく、私たちの演奏メンバーの中にも昔からの大ファンという人が数名いました。

録音は、銀座の「音響ハウス」という老舗の録音スタジオ。ここで『戦場のメリークリスマス』も録音された聞き、ワクワクした気分に。

どんな感じに仕上がっているのか、最終的にどのように使用されているかはわからなかったのですが、少しでも使用されていれば光栄だなと思っていました。先日幸運にも試写を拝見する機会がありましたが、思っていたよりも、しっかりと使われており、感激しました。クレジットにも名前を出していただけたので、映画をご覧の際は、ぜひエンドロールにも着目してください!

菊地成孔さんのTwitterをまとめたサイトにて、音楽録音風景が写真や動画とともに紹介されているので、こちらも是非ご覧ください。

そして、ぜひ劇場にて映画をご鑑賞ください。全編音楽がすばらしい、素敵な不思議な映画です。

 

演奏:スミヤント、木村佳代、後藤弓寿、さとうじゅんこ、根津亜矢子、山科勝司
作曲:スミヤント

20230204_185915_resized_1  

録音終了後に撮影。一番右が菊地成孔氏。

| | | コメント (0)

2023年4月10日 (月)

4/30 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ出演

「 音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ」に出演します。去年に引き続き、ルフロン会場での出演です。

日時:4/30(日) 12時30分〜13時00分
場所:音楽のまち・かわさき アジア交流音楽祭・交流ステージ
        「川崎ルフロン」 (JR川崎駅)

観覧料:無料
演目:【音楽】シテル演奏【舞踊】ガンビール・アノム
出演者:スミヤント・根津亜矢子・柿坪睦美

公式サイト

Asia-20230410-220133

| | | コメント (0)

«2/26(日)インドネシア ガムランと影絵芝居と人形作りワークショップ