« スミリールとは | トップページ | かわさき国際交流ニュースで紹介 »

2010年8月11日 (水)

9月5日公演情報:ジャワ音楽・舞踊・影絵芝居

インドネシア、中部ジャワの音楽、舞踊と影絵芝居をお楽しみいただきます。

第1部は、ガムラン演奏とジャワ古典舞踊。第2部は影絵芝居で、ジャワ人のスミヤントが日本語で行います。

日時:2010年9月5日(日)14:00〜15:30
場所:川崎市国際交流センター ホール
  (住所:川崎市中原区木月祇園町2−2/電話:044−435ー7000)
最寄り駅:東急東横線・目黒線 元住吉駅より徒歩12分
(地図 http://www.kian.or.jp/kic/accessm.shtml

チケット:1,500円(前売り)/2,000円(当日)(子供も入場可能。但し小学生以上有料。大人も子供も同じ値段です)

出演者:ガムラン演奏/スミヤント、柿坪睦美、木村佳代、小林賢直、櫻井 陽、さとうじゅんこ、沢井 佳、森重行敏、山科勝司

踊り手/根津亜矢子
ダラン(人形遣い)/スミヤント

プログラム: 第1部 ガムラン演奏と舞踊
ayunayun横.jpg ・Ldr. Santi mulya pelog 6/サンティムルヨ
・Ktw. Parisuka pelog 6/パリスカ
・Beksan Golek Ayun-ayun/ゴレ・アユンアユン(舞踊)
・Ktw. Suka Asih pelog barang/スコアセ

第2部 ワヤン「ガトコチョの誕生」(Gathotkaca Lahir)
インドネシア、ジャワのワヤン(影絵芝居)の物語は、インドの叙事詩「マハーバーラタ」からの話を題材にしたものが多いです。

通常は、夜8時から明け方まで約7、8時間かけて語られるものですが、今回紹介するのは、そのごく一部を、わかりやすいように単純化したものです。

あらすじ: Jodipati(ジョディパティ)という国の戦士ビマの子供は生まれて1年が経ったというのに、へその緒が切れず、ずっと母体とつながったままである。この事態を解決してくれるように、ビマは弟であるアルジュノに力を貸してくれるように依頼する。アルジュノは、神様からの啓示を受けるために山で苦行を始める。

その時、天国では、怪物がある天女を嫁に欲しいと、暴れていた。影絵の写真 神様はアルジュノに助けを求めることにする。 アルジュノと怪物との戦いはどうなるのか?こどものへその緒は切れるのだろうか?

申し込み:財団法人川崎市国際交流協会
Tel. 044-435-7000 E-mail: kiankawasaki@kian.or.jp

チケットをご希望の方は、gong.sumilir@gmail.comまでご予約のご連絡をください。 または、川崎市国際交流センターのHPに申し込み方法の詳細があります。
http://www.kian.or.jp/kic/evnk10/music-journey.shtml

|

« スミリールとは | トップページ | かわさき国際交流ニュースで紹介 »

イベント・公演情報」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587353/54858496

この記事へのトラックバック一覧です: 9月5日公演情報:ジャワ音楽・舞踊・影絵芝居:

« スミリールとは | トップページ | かわさき国際交流ニュースで紹介 »