« ライブ終了、そして次! | トップページ | インターナショナルフェスティバル in カワサキ2011 »

2011年6月25日 (土)

中学校での公演

sumilir_wayang_20110624

中学校での演奏会を無事に終えることができました。 様子はすでに招聘してくださった愛知県の扶桑中学校のHPにアップされています。速い!です。

【国際理解理解教育その1~その3】
http://www2.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=2320048&date=20110624

中学校3学年あわせて、500名ほどの生徒さん、先生、一部父兄の方にご鑑賞いただきました。

1部はガムラン演奏、踊り、そしてインドネシアやガムランについての説明。最初はちょっとかたかった生徒さんたち。でも、おそらくそこにいた人のほぼ100%が初めて、見て、聞く、ジャワガムラン。楽しんでもらえたようです。

2部は影絵芝居。スミヤントの第1声は「わっはっはー!」のような怪物の声、それを聞いた途端、会場からどっと笑いが!演奏側はまさかここで笑ってくれるとは思わず、うれしい驚き。一瞬で会場がなごみ、みんなも影絵芝居に引き込まれていったようでした。

ワヤンは、きちんとストーリーもありますが、娯楽のためのものでもあるので、意外に「笑い」をとる場面もあります。ダラン、スミヤントはなんとか笑わせようと、何回も果敢にチャレンジしました。そのうちのいくつかは成功。

演奏終了後は、ほぼすべての生徒さんが舞台を通過し、楽器やワヤンを間近で見たり、触って、音を鳴らしてみたりと、初ガムラン体験をしてもらいました。

私自身は、ガムランを初めて見たのは大学生の時。最近の子供たちはもっと早い時期からいろいろな世界の音楽に触れる機会があったりして、うらやましい限り。

ジャワガムラン、その他のアジアの音楽・文化などにも興味を持つきっかけになってもらえればうれしいです。

|

« ライブ終了、そして次! | トップページ | インターナショナルフェスティバル in カワサキ2011 »

イベント・公演情報」カテゴリの記事

ジャワ文化紹介」カテゴリの記事